She is blonde hair

仕事

sexy girl

思えばずっと、自由を手にいれるためにここまで働いてきた。
若い時は遊ぶ金がなかった。だから夜の飲み屋では上司のおごりで派手に遊んでみたりしたものだが、当時の彼女には贅沢をさせてやれなかった。そこからは仕事街道一直線の道を歩むわけだが、あの頃の彼女は今どうしているのだろうか。今の自分なら、あの頃の彼女を幸せにしてやれる度量があると思っているのだ。
だから、今ではあの頃を思い出しているわけではないけれど、当時の彼女と似たような雰囲気の女性を交際クラブやデートクラブで探してしまう。


余裕

仕事に余裕ができると時間ができる・・・はずだった。しかし今の私には時間がない。
時間の合間を縫って交際クラブやデートクラブでセッティングをしてもらうようにしている。ごく普通の交際としてスタートした二人なら、今の自分では多忙すぎて、とっくに捨てられているかもしれない。
だが交際クラブやデートクラブで出会った女性は最初にこちらの都合がわかっている。空いている時間にしか会えないが、その分、楽しい時間をあげられる自信はある。この年になってくると、自分の楽しみより、相手の楽しむ顔の方が嬉しくなってくるのだ。若者にはない魅力があると、自分では思っている。
持論ではあるが、若い女性はもっと経済的に余裕のある男性と付き合えばいいのにと思う。その方が色んな場所に連れて行ってあげられるし、美味しいイタリアンの店でごちそうしてあげられるし、女性は大切にされてこそ輝くものなのだ。
そして幸せにしてあげたいという気持ちを素直に受け入れてくれる女性が、交際クラブとデートクラブにはいるのだ。

彼女ナシ

fascinating girl

ここ数年、彼女がいない。結婚しているから、それは当たり前だという意見はここではナシにしてもらいたい。なぜなら私にも良心というのがもちろんある。
良心があるので、一般女性とは決して一線を越えないようにしている。そうでないと、浮気が本気になってしまうかもしれない。だから社内の美しい女性からモーションをかけられたとしても、私はそれに気付かないフリをしてやり過ごすのである。


ゆっくりお茶でも

今は交際クラブとデートクラブがあるから、彼女がいなくてもなんてことはない。
交際クラブは純粋な出会いとは言えない。あくまで自然な感じを装っているが、普通の出会いとは少しだけ違う。いつも女性と初めて会う時は緊張してしまう。お互いに最初は相手の目的を話して、今後どうするのかを話し合っていく。もちろん急にそんな会話を始めるわけではない。
まずはホテルのロビーでゆっくりお茶でも飲みながら、こちらのユーモアを小出しにし、相手が本音を言いやすい状況にまで持っていくのだ。一応前もって相手の女性の情報がわかるわけだが、私は会った時のフィーリングを何よりも大事にしている。


目的

美しい女性が目の前にいて、ホテルのロビーでコーヒーを頼む。私は本来紅茶が好きであるが、初顔合わせの時には少しだけ格好をつける。これはオヤジならではの茶目っ気だと自負している。
詳しい話は後ですればいい。相手と自分の目的が一緒。ただそれがわかればいい。

普通の幸せ

seductive girl

自分でも、案外真面目な方だと思っている。
時々、真面目なのは仕事だけでいいじゃないかと思うことがある。でも真面目なのがやめられない。こんな私でも、若い時は一応遊んでいる時期があった。それこそ毎日のように遊ぶ女性を変えて、フレンチやイタリアンといった食事を楽しんだ。味もわからないワインを飲んでは、「風味が最高だね」と言ってみたりしたものだ。でも今はそういう遊びに飽きてしまった。
若くて品のいい女性が、ただ目の前で座って、「美味しい」と言って食事を一緒に食べてくれる。もちろん男だからその先の何かも期待しているが、むしろデートの方が大切に思える時間になってしまったようだ。風俗には行かない私が求めること。それは普通の女性との、普通に幸せなデートタイムなのかもしれない。


初回

交際クラブやデートクラブの女性には、遠慮が必要ない。最初からお互いの目的が合致しているのでセッティングが行われるわけだ。だから後々になって、予期せぬトラブルが起こってしまう確率は低いだろう、と私は思っている。
交際クラブやデートクラブは案外自由だ。入会と紹介に費用はかかるが、セッティング以降の出会いはもはやクラブは関係なし。だから初回を乗り越えれば、後は二人のスイートタイムの始まりである。初回だけ少々ビジネスライクに話をするが、このおかげで後は問題が起きなくてすむ。
だからかえって付き合いに集中できるのだ。そこがいい。

ポリシー

girl is lying

相性のいい交際相手を見つけられる人気のデートクラブです!神戸で不倫をしたいなら利用しましょう!

銀座エリアで老舗の交際クラブといえばここが有名である。自分には些か敷居が高いように感じていたが実際に話を聞いてみたところ、老若男女が利用しやすい優良店のように感じた。

会社では素敵な役員で通っている・・・はずだ、と自分では思っている。
地位があるからだろうか、会社の女性はみんなちやほやしてくれる。イスに座ればお茶が出てくる。何も言っていないのに肩もみをしてくれる女性社員もいる。しかし社内の女性には手を出さないというのが私のポリシーなので、「これは誘いなのか?」と思われる彼女達の行動もスルーしている。
彼女達は美しい。しかし、社で働く女性達から見れば、「あの人は、なんで鈍感な男性なのだろう」と思われているかもしれない。でも、それでいいと私は思っている。美しい女性達とゆっくりデートに行けないのは残念だが、私には幸い、交際クラブとデートクラブというものがある。




社内恋愛は自分の中で禁止にしているが、OLが嫌いなわけではない。むしろ私はごく普通の、道を歩いていればすれ違いそうなOL風の女性が好きだ。
私には妻がいる。だが妻はOLとは正反対のタイプである。若い頃にクラブで働いていた嫁に惚れ込んで、通って口説いてプレゼントまでして、やっとの思いで嫁にプロポーズを受けてもらった。今でも文句なく美しい妻だ。何も言うことはない。
ただ、本来の好みは普通のおとなしそうな女性であった。人生に全く後悔はしていないが、交際クラブとデートクラブで、もう一つの人生をやり直しているような気がする。


純粋

交際クラブとデートクラブには、連れて歩きたい女性もいる。だが、自分だけの宝箱に閉まっておきたいような恋も、交際クラブとデートクラブで見つかる。
交際クラブとデートクラブは純粋な出会いではない。しかしかえって交際クラブやデートクラブでの出会いの方が純粋な気がしてしまうのは私だけだろうか。

Copyright ©2016 交際クラブとデートクラブでもう一つの人生を.All rights reserved.

Designed by: www.alltemplateneeds.com